なまくらどもの記録 ver.2

読了記録(節操無しエンタメ系)

読了本

  • ハンナの記憶 I may forgive you認知症になったから老人ホームに入る前に、ということで一時的に家に来た祖母。祖母宛のクリスマスカードには、ハンナという人から「I may forgive you.」と書かれていた。戦中を日本で生き延びたハンナと祖母は親友だったらしいが、かつての彼女たちに何があったのか。読み始めたら引き込まれてしまって最後まで一気に読了。最近、こういう昔の時代と現代とをいったりきたりする物語が多いような気がするけれど、やはり昔の方が空気が濃密。ひとつのミスが危険だったりするからかも。しかし、今回は現代が2011年3月。何が信じられるのかわからない空気が、いっそう彼らを過去へ結びつけるというのがよくわかる。

「おばあちゃん、そのうちハンナのことまで忘れちゃうよ。悲しい思い出のまま終わっちゃうなんて、残酷すぎるよ」
ハンナの記憶 I may forgive you」(長江優子・講談社)p198より