なまくらどもの記録 ver.2

読了記録(節操無しエンタメ系)

読了本

  • 茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす (ビーズログ文庫)」中国風世界の官吏の女の子が主人公。主人公が「天才」ではないんだけど色々とできる子で、女性だからこそな点を利用して仕事をやりきっていくところが面白い。最初はどうかなーと思っていましたが、だいぶ面白くなってきました。今回は特に燃えた。外から見えるだけではなく、外から見える「図をつくる」ところが語られて、面白い。

読了本

読了本

読了本

  • 凶腕の獣、樹海の鬼 森林保護者 フェイ・リー (徳間文庫)伊東京一さんの新作。デビュー作が印象に残っていました。今回はハードボイルドな虫蟲蟲な作品。「法医昆虫学捜査官」シリーズがOKなら読めるかもしれない、というくらいぐろいシーンももりもりで、かつ男くさーいハードボイルドな話でしたが、面白かった。続編ないかなー。
  • 道化師の退場」少し平成の香りが残りつつなミステリ、という太田忠司さんの作品でした。母親が殺人をするわけがない、という理由から事件を調べている青年の話ですが、これが書かれている通りのストーリーで進まない。太田忠司さんのダークなほうのいい感じでした。

読了本

 十二国記は蝕のため、昨日ゲットできましたせんでしたが、本日問題なく入手。来月まで大事に寝かす予定です。

  • ネメシスの使者」死刑制度がテーマの作品。死刑に値すると遺族が思う中、懲役刑とされた囚人の家族が殺された。犯人は遺族なのか?最近死刑制度がテーマの作品を読むことが多いような気がするけど、このラストはぐさっときた。